2019年1月8日火曜日

種子島でのバス探し〜私のバスは生き物ですか?〜

トミモトラベル 「私のバスはどこですか?宇宙バスガイド編」

2100年では当たり前の存在、宇宙バスガイド。
彼女は時空のポケットにはまり、バスを見失ってしまった。
宇宙に一番近い島でバスを探し。

※TOMIMOTRAVELは2018年でバスを探して10年目になりました


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▪️When
2018/11/1

▪️Place
板敷鼻
大崎塩屋神社
浦田海水浴場
井関地区の畑
ヘゴ自生群落
湊のエビス神社
奥神社



コスモス畑。バスの色。



バスを洗うための水かな?バスが動くための水かな?

大崎塩屋神社には、亀とマンモス?



板敷鼻という大きな石。長生きしている。


浦田海水浴場にはロケットが。
でも誰もいない。
動かなくなって放置されたみたい。





海水浴場とやらでバス探し。
誰もいない。地球の水は本当に綺麗な色。



バスのかけら?



小さなバス?誰も中にいなかった。


今から海の中で探索する人々と出会う。
海の中で、バスを探してくれることになった。
ありがとうございます。


今日の昼ごはんは、名物キビナゴも。
バス探しの元気出る。




地元の人にお願い!!!
バスが埋まっているかもしれないので
トラクターでバス探しさせていただく。



バス探しを手伝ってくれた長野さん。
ここはデンプン芋の畑らしい。
バスは出てこなかった。
ヘルメットを外せるこの時代の地球すごい、楽!


ヘゴたちの会話が聞こえてきた。
ヘゴたちはバスの居処を知っていそうだったが、
私はヘゴの言語がわからなかった。


バスを呼んだ。重力がしんどい。







湊のエビス神社のそばには、
宇宙で人気の観光地「月」に似ているクレーターポイントがあった。
すぐそばに水があり、この時代の地球は水の星だと感じた。



ソテツの実が大量にできていた。
暖かそうで美しい色。



奥神社のアコウの木にバスを尋ねた。
福を呼ぶ樹木として昔から崇められてきたアコウの木。
この神社には『七匹と身の片平』という伝説がある。
強く願えば願いを叶えてくるといわれる神社。
そう、きっとバスはいる。


夜ご飯。
伊勢海老よりも美味いと地元の人が勧めてくれた
ゾウリエビを食べる。パタパタまだ動いていた。
ご馳走さまでした。美味でした。

命をいただきながら、またバス探しへ向かいます。














撮影 Yuki Mikuma、TOMIMOTRAVEL

2018年12月24日月曜日

種子島でのバス探し〜私のバスは境界にあるのですか?〜

 トミモトラベル 「私のバスはどこですか?宇宙バスガイド編」

2100年では当たり前の存在、宇宙バスガイド。
彼女は時空のポケットにはまり、バスを見失ってしまった。
宇宙に一番近い島でバスを探し。

※TOMIMOTRAVELは2018年でバスを探して10年目になりました


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▪️When
2018/10/30

▪️Place




種子島の子供達に、バスの居所を聞く。
彼らには彼ら用のロケットが幼稚園に在った。



森の中で探す

湧き水のスポットへ。ここの水は美味しいと組んでる方の話を聞く。
バスへ繋がる水脈か


あちらこちらにロケットがある。種子島の人々は自分のバスを作るのが得意!




あ!ピンクのバスありました。と思ったら
「種子島いわさきホテルコスモリゾート」さんでした。
青い海、青い空、そしてピンク色の美しいホテル。




いわさきホテルさんの前のビーチは、サーファに愛されるビーチ。
波の満ち引きの境界でバスを探しました。




境界で探すのは難しく、
宇宙ブーツが濡れました。
太陽は便利ですね。





バスの有力情報を求めて、種子島宇宙センター 宇宙科学技術館へ。


宇宙バスガイドの時代には宇宙飛行士はいません。
宇宙へ飛行するのは当たり前だからです。
宇宙への憧れが強い時代にバスガイドは思いを馳せました。



植物と協力して文字を書くと、宇宙からも見えるかも。
大きな側よりも地球に書いた方がバスが私を探しやすいのではと妄想。


そんな黄昏の私にドバイ国営放送さんが取材に来ました。



前日に、乗り遅れた発射台を背中に
次は乗るぞと意気込む。


ドバイ国営放送さんで放送されたワンカット。
ドバイでもバス探せたらいいな。





その後、広田遺跡と呼ばれる弥生時代の終わりから7世紀にかけての集団墓地へ。
彼らは私と同じで、抜歯をしていました。
時代を超えても繋がる何かを感じます。
彼らは今どこにいるのでしょうか。


発見した時のイメージをシートで再現しており、
時代を超える変化が一眼でわかり彼らの営みすら見えてくる。


語り部の方とともに、より過去へタイムトラベル。
ありがとうございました。